子供英語覚え方

子供に英語を身に付けてほしい!そのためには覚え方が重要!

子供英語覚え方

 

子供に英語を覚えてもらいたい!

 

英語を喋れるようになってほしい!

 

早いうちから英語を勉強させたい!

 

近年、英語が喋れるのは当たり前。

 

そんな時代になってきました。

 

子供の将来を見据えて、子供に英語を教えようと思っているママ、パパは近年急増しています。

 

しかし、教えたいけどパパ、ママ両方英語が全然ダメ、、、(笑)

 

私も全然ダメです。(笑)

 

でも、子供には英語を身に付けてほしいですよね?

 

@どうやって子供に英語を教えたらいいのか?

 

A何かいい覚え方ってあるの?

 

B1番効率的に英語を習得できる覚え方は?

 

C早く成果を出すにはどうしたらいい?

 

D正しい英語の発音って?

 

Eパパ、ママの発音で合ってる?

 

F英会話と英語教材ってどっちがいいの?

 

 

などなど…。

 

パパ、ママが英語が苦手だと子供に教えるといっても何をどうやって教えればいいのか分からないですよね。

 

どうやって子供に英語を覚えさせればいいのか。

 

この覚え方が重要です。

 

この覚え方によって子供に英語が身に付くか、身に付かないかが決まると言っても過言ではないです。

 

 

【NG】こんな英語の覚え方では、子供に英語は身に付かない!

 

子供英語覚え方

 

これをやってしまうと子供に英語は身に付かない

 

これをやってしまうと子供は英語を嫌いになってしまう

 

冷静に考えれば「そうだよね…」となるんですが、やってしまいがちな

 

ダメパターンを話していきましょう。

 

 

 

こんな英語の覚え方ではダメ@

 

英語と日本語を混ぜてしまう

 

これはイチゴだよ

 

これはstrawberryだよ

 

このように英語と日本語を混ぜてしまうと子供は「strawberry」を考え、

 

日本語に変換しようとします。

 

この変換作業が難しくなってしまい、英語ってなんだか難しい…

 

となってしまします。

 

正しい英語の覚え方は

 

This is an strawberry.」です。

 

これが正しい英語の覚え方です。

 

考えてみて下さい。

 

目の前にイチゴがあります。

 

イチゴを指さしながら

 

これはstrawberryだよ」と言います。

 

子供はイチゴ=strawberryと変換するでしょう。

 

これだと限界があります。

 

なぜ限界があるのか?

 

それは「This is an strawberry.」という音で英語を学んでいくからなんです。

 

どういうことかと言いますと、

 

イチゴをstrawberryに変換することが英語ではないんです。

 

イチゴを指さしながら

 

This is an strawberry.

 

これが英語であり、これが英語力です。

 

英語は英語、日本語は日本語で教えなければいけません。

 

 

こんな英語の覚え方ではダメA

 

ゆっくり簡単な英語から聞かせようとする

 

子供はこれは日本語、これは英語と区別していません。

 

目に入ってくる情報と音を組み合わせてそれを感覚的に口に出しています。

 

日本語で考えてみましょう。

 

何気ない日常の会話を小さい子供にゆっくり教えますか?

 

そもそも日本語を1から丁寧に教えますか?

 

子供はパパやママが話している会話を耳で聞き、こういう時はこんな感じの音なのかな?

 

という程度で口から音を出しています。

 

その繰り返しが言葉になっていくんですね。

 

英語だからといってゆっくり聞かせる必要はありません。

 

簡単な英語からというのも特に意識しなくて大丈夫です。

 

これは多くのパパ、ママが非常にやりがちなダメパターンです。

 

ゆっくり聞かせることは子供にやらされている感を与えてしまいます。

 

逆効果です。

 

パパやママの日常会話を子供はしっかり聞いています。

 

そのスピード感や音の種類にだんだん慣れていって最終的に話せるようになってきます。

 

英語は日本語を覚え、話せるようになる過程とまったく一緒です。

 

こんな英語の覚え方ではダメB

 

完璧な発音を求めてしまう

 

パパ、ママは始めから完璧な発音を求めがちになってしまいます。

 

子供は自分の発した言葉の音と正しい音を子供なりに比べています。

 

そうすることで正しい発音に近づけていくのです。

 

繰り返し英語の「」を聞いているうちに正しい発音になってきます。

 

発音に関してはいちいち直されると子供は

 

こんなふうに聞こえているからそのまま口に出しているのになんで直されるんだろう?

 

と英語を嫌いになってしまう原因にもなりかねません。

 

小さい子供がいきなり完璧な発音で「ママ!」とは言いませんよね(笑)

 

「ミャンマ…マンマ…ママ」こんな感じのはずです。

 

考え方は英語でもまったく同じ。

 

始めから完璧な発音でなくても大丈夫です。

 

 

親である私たちが子供にできること

 

子供英語覚え方

 

子供が英語を話せるようになるための英語力が付くかどうかは、まぎれもなく

 

私たち親にかかっています。

 

子供は日々の環境ですべてが決まります。

 

子供にどう育ってほしいのか?

 

何を学ばせたいのか?

 

その環境を作るのが親の役割です。

 

具体的に私たち親ができることは、

 

@英語を聞かせる

 

1番根本的なこととして、とにかく毎日英語を聞かせまくることです。

 

英会話、英語教材などを利用して英語が身近にある生活環境を整えてあげる必要があります。

 

A褒めることが大切

 

子供が少しでも英語を話したら褒めてあげましょう。英語っぽい音を話したら褒めてあげて下さい。

 

B「楽しい!」は何よりのパワー

 

子供の英語の吸収率を上げるのが「楽しい!」という感覚です。

 

パパ、ママがときには一緒になって英語を聞いたり話したりしてあげて下さい。

 

子供はパパ、ママと一緒が1番楽しいものです。

 

 

英会話と英語教材ってどっちがいいの?

 

子供英語覚え方

 

英語は身近なものである」という環境を作り出すのは、

 

やはり英会話や英語教材が効果的です。

 

とは言っても、どちらがいいのでしょう?

 

これは一概には言えません。

 

その子に合う合わないがありますし、どちらが良いというのもありません。

 

「どちらが良いというものではない」ということを前提にしておきます。

 

その上でお話しします。

 

私、個人的には断然英会話のほうがおすすめだと思っています。

 

なぜ私がそう思うのか?

 

英語の教材って学校の授業みたいだなと思ったからです。

 

教科書みたいな本があって、英語を話しているビデオがあって…。

 

これで覚えるのかな?というのが私の正直な感想です。

 

私自身学校の授業で英語を習いましたが、苦痛で仕方なかったです。

 

おもしろくもなんともありませんでした。

 

結果、英語はさっぱりダメです…(笑)

 

あくまで私の考えですが、

 

やはり重要なのが「人対人」ではないでしょうか?

 

目の前で自分に英語で話しかけている人がいて、自分もおぼつかない英語で返す。

 

そしてこれを繰り返す。

 

これが英語力ではないでしょうか?

 

おぼつかないながらも返した英語が相手に伝わる。

 

会話が成立する。

 

こっちのほうが楽しそうじゃないですか?

 

英語を覚えさせるには教材と英会話どっちがいいの?と聞かれたら

 

私は英会話をすすめます。

 

 

オンライン英会話ってすごい!

 

 

 

しかし、英会話のメリットデメリット

 

英語教材のメリットデメリットがあります。

 

パパ、ママの生活スタイル、子供の生活リズム。

 

1度両方やらせてみて「こっちの方がうちの子には合ってるな!

 

というのもありでしょう。

 

色々なことを踏まえた上で選択してあげて下さい。

 

間違っても子供が英語を嫌いになってしまうことのないように…。

 

ダメかな?」っと思ったらとりあえず辞めて様子をみましょう。

 

 

英会話 

 

 

メリット

 

グループレッスンなど、英語でのコミュニケーション能力がつく。

 

同じように習っている子供たちと切磋琢磨することで上達が早い。

 

お互い自然といい意味で競争心が湧く。

 

先生がその子に合わせてくれる。その子に足りないもの、今勉強すべきことを教えてくれる。

 

デメリット

 

曜日、時間が決まっている。

 

講師によって教え方に差がある場合がある。

 

この差は後になって子供の英語力の差になる。

 

 

英語教材

 

メリット

 

曜日、時間に縛られない。

 

子供のペースに合わせて学ぶことができる。

 

無料のサンプルなどで試すことができる。

 

子供の反応を見ることができる。

 

1度買ってしまえば、何度勉強しても値段が変わらない。

 

デメリット

 

基本1人での学習なのでモチベーションをキープするのが大変。

 

モチベーションを高く維持し続けるためにはパパ、ママの協力が必要不可欠です。

 

 

メリットデメリットを上手く使って子供に1番の選択をパパとママでしてあげて下さい。

 

 

英会話、英語教材で迷ったら・・・

 

子供英語覚え方

 

子供に英語をやらせたいんだけど、英会話も英語教材もとにかく数が多くていったい

 

どれを選んだらいいのか分からない…。

 

悩みませんか?

 

調べてみようと思って「英会話 おすすめ」「英語教材 人気」などで

 

検索してみますが、種類も数もとても多かったと思います。

 

見ているうちに何を選んだらいいのか分からなくなります。

 

分からないからといってめんどくさくならないで下さいね(笑)

 

そこでパパ、ママが止まってしまうことは子供にとって非常にマイナスです。

 

数や種類が多いということはそれだけ需要があるという証拠でもあります。

 

やはりこれからの時代、英語の必要性を感じているパパ、ママが多いです。

 

実際、必ず必要だと私も思います。

 

英会話や英語教材で迷ったら…

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

英会話

 

☆「英語が大好きになる始め方」子ども英会話ペッピーキッズクラブは、

 

全国1300教室、9万人の子どもたちが楽しく通う教室♪

 


→ペッピーキッズクラブ詳細はコチラ

 

 

☆子供専門オンライン英会話「リップルキッズパーク」の

 

無料体験レッスン♪

 

日本初の子供専門オンライン英会話として、

 

「読売新聞」・「アルク」など、多数メディアに取り上げられています。

 


→リップルキッズパーク詳細はコチラ

 

 

英語教材

 

☆「早いうちから実践的な英語を覚えさせたい」「積極的に英語で発話してほしい」という方にはおすすめ♪

 

35日という短期間で子供達が日常で使う英会話を身につけることができる超話題の英語教材、七田式!

 


→「七田式」詳細はコチラ